ゆりゆららららラムレーズン 

あー!部長!あれを見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ランク4でジェムナイトパールが一番優秀だと思えるのはマンガさんに似てるから

せっかくブログ開いたんで遊戯についても少し語っておきます

あんだけブログでヒロビ使うって言ってましたが
ここ一ヶ月ぐらいはラギア使ってました

まだまだ環境のはじめですが
自分なりにラギアについてと構築について語っていきます

DVC00306.jpg

これが自分が使っていたメインの構築です
《レスキュー・ラビット》
を使うデッキは
バニラが複数入る関係から

脳筋
猿デッキ

などプレイングは全くないように言う人が結構多いイメージがありますが
それは大きな間違いです。

言っている人の大半はこのデッキで大して考えてもいないのに
「最大のプレイングをしたのに勝てない」
と勘違いしているくそ野郎です

ですがデッキとしてのパワーが低いのは事実です
そこは認めましょう

メインの構築ですが

最近は
ウサギ2枚
バニラ3枚

の構築が支流みたいですが
《セイバーザウルス》
は採用しています

やっぱりこのデッキの1番パワーが高い
《レスキュー・ラビット》
を引いた時に

一番強い動きができないのはないと思います

《ジュラック・グアイバ》
の採用についてですが

《レスキュー・ラビット》
の次にこのデッキでカードパワーが高いの間違いなくこのカードです
正直エヴォルカイザーラギアがエキストラデッキに入っていて
このカードを採用しない理由は99%ないと思うぐらいこのカードに対しての
信頼は強いです

セイバーザウルスを素引きした時に
手札に恐竜族さえあれば
エヴォルカイザーラギアに繋ぐことができるのも採用の理由です


続いて
サイド
エキストラデッキについてです

DVC00307.jpg

《ライオウ》
《異次元の女戦士》
《激流葬》

が1枚ずつや

《超融合》
がいまだに入った
変わったサイドですが
やっぱり自分が使いやすいカードを入れるのが一番だと思い
この15枚にしています

全部説明するのは時間がかかってしまうので
1枚ずつ採用したこのカードたちのだけ説明していきます


《ライオウ》
ガジェと聖刻にすこぶる強いんですが
このデッキでは召還権が非常に大事です

被っても強いカードですが
1ターンに何枚でも伏せることができる罠を多く入れたかったため1枚のみ採用しました


《異次元の女戦士》
増援が入っているので
サーチ先で腐らない札が欲しくて採用しました
ヒロビやミラーでかなり強かったです
《N・グランモール》
と悩みましたが
増援でタッチできるという理由でこちらにしました


《激流葬》
このデッキでこのカードを採用している人が少ないという理由で採用しました
警戒されませんし
ですが被ったらこちらが動きにくいのと
1枚見せると2枚目を警戒してくれるという理由で採用枚数ま1枚にしました。
このデッキにも激流葬は採用されていると認識されるようであれば
ぶっちゃけ入れなくてもいいと思います


《超融合》
戦っていてヒロビが1番辛かったので採用しました。
ですが1大会で当たるか当たらないかわからないぐらい人口も減ったため

4枚のスペースを使ってまでやることかと考えると怪しい枠でした。



最後に自分がこのデッキを選んだ理由と一番意識していたことを語ります
まず環境のはじめにこのデッキを選んだ理由ですが

《ヴェルズ・オピオン》
《ヴェルズ・サンダーバード》

がどのデッキにも安定して強いと感じたからです
環境最初で色々なデッキがいる中

自分が多いと感じたのは

ヒーロービート
カラクリ
聖刻
代行天使

あたりでした
これらのデッキにヴェルズ・オピオンはかなりの制圧力があるため
このデッキを使っていました。

インゼクターがいなくなったことにより
場で制圧するこのカードや
《ナチュル・ビースト》

あたりはかなり使いやすくなりました


プレイングについて意識していることでは
あくまでも自分の考えですが
『なにをされると負けるか』
です。

あくまでも例ですが
マンガさんとチャリオットと話した会話です

ゲーム終盤
自分のフィールドにラギア(素材あり)ライフ3000
相手リソース無しライフ4800

のほとんど勝ちか決まっている状態で
相手はドローしてそのままエンド

こちらのドローが神の警告

この場面でラギアで殴るかどうかです


実際自分がゲームをプレイしている立場なら殴ってしまうと思います
ですがこのデッキを使う上ではこの場面で殴ってはいけません

仮に殴って結局ゴーズを持たれていなくて勝てたとしても
この場面での攻撃は直接負けを意味しています

負ける場面はゴーズを踏む以外なく
自分はゴーズへの回答を引けているからです
引いたカードがサイクロンのような仮にゴーズを引かれていたら処理できないのでらば
殴るが正解だと思いますが…


『ヴェルズラギア』
を使う上でこういった小さいことを意識することが
一番大事な事だと思います

でも多分もうしばらくラギアは使いませんw
まあ使う予定がないから記事を書いたわけですし

デッキとしてはめっちゃ気に入ってるんですが
《エレキトリック・ワーム》
が強すぎます

聖刻
カオスドラゴン

など相手はだいぶ楽だと思っていましたが
2戦目以降このカード一枚で簡単に詰みますw

《エヴォルカイザー・ドルカ》
が出るまではしばらく待ったほうがいいと思いますよ

それでもこの日記読んで
ラギア使おうって思ってくれる人がいたら自分は幸せです笑


最後まで読んでくれたYPありがと
今度語りましょう笑
スポンサーサイト
  1. 2012/09/18(火) 23:28:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チョコレートの食べすぎには気をつけて | ホーム | ごゆるりと(にゃにゃにゃにゃー)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oishiitakosu.blog41.fc2.com/tb.php/119-434ba98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。